セラミド配合化粧品ランキングTOP>セラミド化粧品の基礎知識>セラミド化粧品の選び方

セラミド化粧品の選び方は?

色々なセラミド化粧品のサイトを見ると、適当な事を言っているなぁ~と感じます。
正直ひどい!!

結局のところ、どのセラミド化粧品が良いのかは、使ってみなくてはわかりません。
無責任な言い方のように感じるかも知れませんが、それが真実です。

女性なら誰しも化粧品を使った事があり、合う合わない経験をしたことがあると思いますし、
あなたと逆という方もたくさんいます。
それは成分云々ではなく、相性なので仕方のないことなのです。

実際に管理人もとても良いセラミドが配合され、人気もある化粧品を使い、
自分には合わなかった事は一度や二度ではありません。

しかし、そんな風にいってしまうと、選択肢が多くなりすぎて、
どのセラミド配合化粧品を選べば良いのか迷うと思いますので、
管理人がセラミド化粧品を選ぶにあたり、注意しているポイントを紹介していきます。
是非参考にして下さい。

ポイントその1 ヒト型セラミドを選ぶ
セラミド化粧品の種類で言いましたが、やはりセラミドはヒト型が最も効果が高い。
そのヒト型セラミドの中でも色々な種類があり、主に化粧品に配合されているものは、
セラミド1:水分保持、外部刺激に対するバリア
セラミド2:皮膚への保湿力が高い
セラミド3:水分保持、シワ軽減
セラミド6Ⅱ:セラミド3の効果+、正常なターンオーバーの促進
です。

適当なサイトではセラミド2が良いと言っていますが、
それはあなたの目的次第です。
保湿させたいならセラミド2ですし、
肌トラブル対策をしたいならセラミド3とセラミド6Ⅱです。
(ヒト型セラミドに+α天然セラミドが配合されているものなら良い)

しかし、実際は目的に合わせたセラミドが配合してある化粧品を購入しても、
その効果が得られるとは言えません。
他の成分との関係や配合量、セラミドの質によっても異なります。
冒頭でも言ったように、やはり実際に使ってみなくてはわからない部分が多いと思います。

ポイントその2 化粧水・美容液、クリームなんでも良い
セラミドは水に溶けにくいので、
油分の多い、美容液やクリームが良いと言われ、化粧水はおすすめしないといっている方がいます。

しかし、それは間違えで、セラミドは水にも油にも溶けにくいものです。
ですから、化粧品に配合されているセラミドで高濃度のものはほとんどありません。

一概に言えませんが、セラミドの配合率は、成分全体の1~2%くらいでしょう。
例え、高濃度に出来ても、価格が物凄い高くなり、どのメーカーも配合しません。。

ただ、あえて言うと、美容液やクリームの方が、
高濃度にセラミドを配合されている可能性はあります。
化粧水で高濃度のセラミドを配合するとなると、その分、海面活性剤を多く入れなくてはいけないため、
技術的に難しいのではないでしょうか。
だとしても、差を感じるほどのことはないと思います。
(セラミド2は価格が安いらしいので、高濃度に配合されている可能がある)

ポイントその3 トライアルセットから試す
単品の場合トライアルがないものもありますが、ラインになっている場合、
ほどんどトライアルセットになっていますので、
それから試す方が良いと思います。

これは管理人の経験ですが、物凄く良さそうな化粧品で、
思い切って本品から購入して上手くいった試がありません。

トライアルセットで購入すると、化粧水はいまいちでも、美容液が凄く良いというように、
種類によっても効果を試せますので、金額的なリスクが軽減されます。

色々な化粧品を使っている方はその辺を心得ていますが、
あまり購入した経験のない方は、いきなり本品を購入する傾向にありますので、
その辺は気をつけてください。

次のページセラミドの効果

アヤナス
おすすめのセラミド化粧品
第2位 ヒフミド
贅沢セラミドを配合

第3位 アスタリフト
30代におすすめ